ずっと見続けたかった景色がある

言葉なんて選んでる余裕なんてない