-3日目

 

意外と大丈夫そうじゃんと言われる。

大丈夫ではないんだよ。

ただ人前で泣けないだけ

エイトがプロとして仕事してるから

負けないように

私情を挟まないように対応してるだけ。

 

でも想像してたよりしんどくない。

すばるくんの口から1番欲しかった

「eighter」という言葉が聞けたから

「eighter」という言葉の中に全てが詰まってたから。

 

 

 

でも我儘言うならもう一度生で聞きたいしオモイダマの時に「eighter」って言葉を探したようにこれからも私は6人で歌っててもすばるくんの声を探してしまうんだろうなとも実感した。

 

 

 

今のところは気持ち的には見に行けそう。

行けそう行けなさそうって感情が行ったり来たりする。

行けそうだけど他担に嫉妬しそう。

結局自分の好きな人は見れるし自分の好きな人が前を向いたり弱音を出したりその時の感情をみて一緒に進めるから。

 

eighterという言葉を聞いてああ置いてかれてないんだなとは思ったけど僕達は置いてってないよっていうのは皮肉にも渋谷すばるさんのeighterという言葉でしか伝わらなかった。

 

また会場に行って置いてかれるのが怖いしどれだけ考えていろんな番組みても私は結局

 

 

渋谷すばるがいる関ジャニ∞が好きで

関ジャニ∞にいる渋谷すばるが好き

 

 

という結論にしかならない。

 

 

 

 

どうゆう感情なのか自分でもわからない。

渋谷さんに手紙を書きたいのに文書が何も出てこない。

関ジャムあと関ジャニ∞に感謝のブログを書こうと思ったのに何も出てこなかった。

周りが泣いてると冷静になる。

冷静というか考えるのを辞めるんだと思う。

自己防衛的なやつなのかな……

 

 

 

 

 

もう一度生ですばるくんの「eighter」が聴きたい